介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

床ずれを甘く見ないでくださいね…進行すると細胞が壊死します。

スポンサーリンク

 2018.02.21

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

上記は1年8か月ぐらい前に書いた記事です。もうそんなに経ったのか^^:

さて、読者様の入れ替わりもありますし、最近介護を始めた&介護の心構えをしておきたいなどニーズもあるでしょう。…ちょっと「床ずれ」を復習したいと思います。

 

今日のテーマは「床ずれを甘く見ないでくださいね…進行すると細胞が壊死します」でお送りします。

 

まず施設・病院・訪問ヘルパーさんなどでは、「褥瘡」と言う言葉で表現されます。

これ「じょくそう」と読みまして、床ずれの事です。

 

上記の過去記事で、母の介護をする父とわたしに床ずれの知識が無かったため、背中に大きな穴が開いてしまい、骨まで見える…><

 

経験のない方は、大げさに思うかもしれませんが、本当に骨が見えるまで穴が開きますし、その後感染症で命を落とすこともあります。

スポンサーリンク

 

※床ずれ悪化の流れ

潰瘍まで進む→白くなる→黒くなる→皮膚が壊死→皮膚が脱落(穴が開く)→脂肪層露出→骨が露出

 

原因ですが、寝たきりなどの被介護者は寝返りが出来ませんので、長時間マット・布団などで皮膚が圧迫され、血行が滞り炎症を起こすのが始まりです。

※介護時に気をつける点

  • 寝ている時・車いすに座っている時、同じ姿勢を続けさせない(理想は2時間に一回体制を変える)
  • 身体の尖っている部分は特に注意(仙骨部など)
  • シーツの「よれ」や「しわ」に注意
  • 腰回りより下が出来やすく、尿・便の影響で感染症にもかかりやすいので、常に衛生管理
  • 栄養をしっかり摂る(皮膚の回復を助けます)

上に貼ってある記事と合わせて読んで頂ければ、床ずれの事はほぼ理解できると思います。甘く見ないでしっかり頭に入れておいて下さい。

 

自宅介護で、経済的に恵まれている方は、自動で体制を変えてくれる「ロボットマットレス」などを導入すると、介護負担が軽減されるでしょう。

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク