介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

手のひらの汗で病気を診断!認知機能判定に応用も…

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180207133741j:plain

イメージイラスト

2018.02.07

 

今日のテーマは「手の平の汗で病気を診断!認知機能判定に応用も…」でお送りします。みなさん、発汗計と言うのをご存じですか?

 

計測では、直径2センチのカプセルを手のひらにはりつけます。空気をカプセルに送り、皮膚に触れる前後の湿度の差から、単位面積あたりの発汗量をはじき出す機械です。

 

 

◆汗は大きく分けて2種類

●温熱性発汗

体温の上昇を受け、脳の視床下部にある体温調節中枢が働き、手のひらや足の裏を除く全身で汗の量が増えます。汗が蒸発する時に体から熱を奪い、体温を下げる仕組みとなっています。

●精神性発汗

ストレスなどの精神的刺激を受けることで起こります。精神性発汗では、汗の出る場所が手のひらや足の裏に限られ、汗の量は少なめです。瞬時に汗が出て来る特徴があります。いわゆる冷や汗(;^_^Aなんかも、そうなんでしょうね。

◆汗は様々な病気のシグナルになる

発汗計の有効利用が考えられる病気(一例)

応用分野

  • 居眠り運転の早期検出システム
  • 自動車運転の認知機能判定技術

では、なぜ?これだけの有効利用がありながら、積極使用されていなかったのでしょう…

◆発汗計が保険適用になる

実は発汗計はずいぶん前から、研究機関・化粧品メーカーなどでは使われていました。

今回、厚生労働大臣の諮問機関である中央社会保険医療協議会で、この発汗計を使う診断に来年度の4月から公的医療保険適用が決まりました。

 

そうなんですね^^;高かったのです。今回の保険適用で、もっと違う使い方の発見も出て来るような気がします。

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク