介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

ニュースのキャッチに「老人ホーム」を使うと、読む人が増えるのだろうが…

スポンサーリンク

2018.01.26

 

与太話になるのですが…^^;

今日のテーマは「ニュースのキャッチに『老人ホーム』を使うと、読む人が増えるのか?」でお送りします。

 

まぁ、これはわたしの感覚ですが、記事のタイトルに「老人ホーム」とか「●●施設」とか入っていると、それに関わる話題・問題が背景にある事件だろうな…と思い、他の事件より関心が湧きます。

 

最近で言えば、「老人ホーム転落死事件」とかですね。裁判中ですので、決めつけ表現は避けますが、職員が大きく関わった可能性のある事件で「介護職員人不足問題」「介護職低賃金問題」「介護に向く人・向かない人」などの問題が、事件の遠因にある可能性もあります…

 

今日なんですが、ある事件の事で「老人ホーム女性切りつけ事件」「老人ホーム女性連れ去り未遂事件」なんてタイトルが踊っていました。

 

筆者は、入居者に何かあったのか?あるいは入居者がスタッフに何かしたのか?…と読み始めると…

 

良く読むと、老人ホームの搬入口付近で給食業者の女性(23歳)を男が羽交い絞めにして、顔を刃物で数回突くなどしたものの、別の職員が出勤して来たため、そのまま逃げた。

 

その後、その女性の上司が現場にすぐ現れ、「自分も男に殴られた」などとしていたが、言動がおかしいので事情を聴いていたと言う事件なんです。

 

まぁ良かったな~と思うのが、女性のケガが軽かった事です。ドジだな~と思うのは、被害に遭った女性は、襲った男が上司とは気が付いていなかったので、自分も男に殴られてと被害者面して出てきたのは、実は飛んで火にいる夏の虫だったと…^^;

 

で、わたしが思うのはこの事件、「老人ホーム」のキャッチは要らないな~(苦笑)本文で事件現場として、老人ホームの搬入口との説明で十分ではないかと…

 

女性の部下に好意を持ったバカ上司が、無理やり暴力で何とかしようとした事件で、老人ホームは事件背景に全く関係なく、読んでくれる人を増やすために使われて言葉になっています。

 

まぁウソではないし、それも記事を書くセンスやテクニックと言う考え方もあるでしょうが、アフィリエイト記事でもあるまいし…と思ってしまうのは考えすぎでしょうか?

 

では、また明日です。

by Oshobu~

 

 スポンサーリンク