介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

2040年に単身世帯は4割に!(国立社会保障・人口問題研究所)

スポンサーリンク

2018.01.14

 

最近の推計は何を見ても、お先真っ暗です。このままでは本当に社会の仕組みが壊れてしまう…移民の受け入れとか真剣に考えないといけない。

今日のテーマは「2040年に単身世帯は4割に!(国立社会保障・人口問題研究所)」でお送りします。

 

国立社会保障・人口問題研究所は1月12日、「日本の世帯数の将来推計」をプレスリリースしました。それによりますと、2040年は全世帯の39.3%が1人暮らしになるとしており…約4割ですね。

 

これは、晩婚化に加え未婚・離婚が増えるためです。65歳以上の高齢者が世帯主のケースも2015年の36.0%から大幅に増えて、2040年には44.2%と半分に近づきます。

2040年は、1970年代前半生まれの「団塊ジュニア世代」になるので、グッと高齢者比率が増えます。

 

筆者も健康で生きていれば、2040年は77歳のりっぱな高齢者^^;ですが、どんな世界になっているか不安ですね。

家族社会学の研究をする、中央大学山田昌弘教授の話で「なるほどな」と思った話が、今の高齢者の一人暮らしは離れているかもしれないが、子供がいる人がまだ多い。

2040年の高齢者の一人暮らしは、正にひとりの人が多くなる…

 

77歳のおれ、幸せかな…

では、また明日です。

by Oshobu~