介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

ファイザー製薬、アルツハイマー病新薬開発を断念!

スポンサーリンク

2018.01.12

 

今日のテーマは「ファイザー製薬、アルツハイマー病新薬開発を断念!」でお送りします。筆者は、医療にビジネスが絡むことを「是」としています。

 

やっぱり商売が絡まないと、スピード感がない!研究機関や公共だけでは遅い!営利の民間が絡むことで、当然投資分を早く回収して利益を上げないと…となる。

その代わり、記事タイトルのような事も起こります。

 

アメリカに本拠地を置く大手製薬会社ファイザーは、莫大な研究費を投資したにもかかわらず結果が出なかったとして、アルツハイマー病の治療薬開発を断念すると発表しました。

 

う~ん(汗)…まぁそれだけ、認知症を治すのは難しいと言う事でしょう。もう、このブログを1年8か月書いてきていますが、その中で感じるのは「予防」の大切さですね。

認知症になったら…治せない。

 

だから、「予防」と「早期発見➡軽度認知障害(MCI)の段階で見つける」

軽度認知障害(MCI)の段階だと、治る事もあるし進ませない事も可能性あり!なので、このブログでもこの二つの内容は強化して行きたいと考えています。

 

あと、気の毒なのが新薬開発断念に伴い、アンドーヴァー、ケンブリッジマサチューセッツコネチカットにある神経科学部門の300人の研究者が解雇される予定だそうです^^;厳しい現実。

 

では、また明日です。

by Oshobu~