介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

日本一長生きの県は男性滋賀81.78歳・女性長野87.67歳

スポンサーリンク

2017.12.16

 

今日のテーマは「日本一長生きの県は男性滋賀81.78歳・女性長野87.67歳」でお送りします。

 

厚生労働省から12月13日に「2015年度都道府県別生命表」がプレスリリースされました。平均寿命がもっとも長い都道府県は、男性が滋賀の81.78歳・女性が長野の87.67歳でした。

 

この表は出生や死亡の統計データを基に、5年ごとに作成され今回で11回目の作成となります。志賀は前回は2位で初のトップとなります。5年間の間に滋賀に何があったのでしょう(笑)^^滋賀のみなさん初トップおめでとうございます!

 

女性の長野は2年連続で常連です。また反対に最下位なんですが、男女とも青森で、男性が78.67歳・女性が85.93歳でした。

喜ばしいのは、前回の2010年度と比較すると全都道府県が、平均寿命が延びております。^^パチパチパチ

 

今回延びがが最も大きかったのは、男性では長崎の1.50歳・女性では鳥取の1.19歳でした。この要因は長崎は自殺・肺炎の死亡率、鳥取はがんの死亡率がそれぞれ改されたためです。

 

ほんと!日本の自殺の多い問題は解決したいですね。若者がこれだけ自殺する国は無いので、何かがいけないのだと思うんですが…

自殺の死亡率が改善されれば、かなり平均寿命は延びると思います。

 

では、また明日です。

by Oshobu~