介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

老化を遅らせる「プチ減食のすすめ」医学博士、久保明さん推奨

スポンサーリンク

2017.12.12

 

今日のテーマは「老化を遅らせる『プチ減食のすすめ』医学博士、久保明さん推奨」でお送りします。

 

◆老化を進める3大要素

●糖化

血液中の余分な糖分やアルコールがタンパク質と結びついて変異して、AGEと言う物質が作られます。AGEの増加で細胞・血管・臓器などがやられます。

 

このAGEは「終末糖化産物」とか「後期糖化生成物 」などと呼ばれています。

タンパク質の糖化反応に因って作られる生成物の総称で、身体の様々な老化に関係する物質と言われていて、いま分かっているだけで数十種類あります。

●オーバーカロリー

脂質や糖質の多い食事が続くと、カロリー過多になります。摂取カロリーが多いと加齢に伴う病気(がん・糖尿病・心臓病)が増える事がわかっています。

うん。耳の痛い話しです^^;炭水化物も揚げ物も美味しいですからね。

●酸化

呼吸で取り込んだ酸素の一部が、酸化作用をもつ活性酸素になります。これが細胞を酸化させ、老化が進みます。糖化と同時進行するとダーメジ大です!(こわ)

スポンサーリンク

 

◆プチ減食のすすめ

記事タイトルでお名前をお出しした、久保明先生はアンチエイジング専門家です。

その先生がおすすめするのが「プチ減食」です。

 

やり方は簡単で、①「週に1回夕食を抜く」か②「1日のカロリーを30%ほど減らす」かのどちらかです。ね、これなら出来そうでしょ^^ふふ

ポイントは夜を抑える事!

夕食後、血液中で増加した脂質や糖質はあまり消費されないため、体脂肪として蓄積されやすくなります。夜食べない事で、中性脂肪が減ると言うデータもあるそうです。

 

おれだったら②かな?週1回夕食無しなら、無理しなくて出来そうです。

さて今日は久保明先生の書物を参考に、書かせて頂きました。いま自分で感じている事は、とにかく若い頃と同じように食べていてはいけないな~と言う事!

健康法は多く存在しますので、目移りしますが「自分に合って長続きする」がポイントですね^^

 

では、また明日です。

by Oshobu~

久保明先生の代表著書 

名医が教える! 週に1度食べないだけで体の不調はリセットできる

名医が教える! 週に1度食べないだけで体の不調はリセットできる