介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

保険適用皮膚炎向け保湿薬「美肌」目的処方急増で厚労省制限へ!

スポンサーリンク

2017.12.06

 

今日のテーマは「保険適用皮膚炎向け保湿薬「美肌」目的処方急増で厚労省制限へ!」でお送りします。

医療の観点から書かせて頂きます。まぁ女性が美を追求するのは良い事だと思っていますが、今回は少々ルール的にまずい^^;

 

健康保険が適用される保湿薬「ヒルドイド」は雑誌やインターネット上で、「究極の美容クリーム」と呼ばれているらしいですね^^;(困ったな~)

これアトピー性皮膚炎などの治療用であって、美容クリームではありません。化粧品を購入する感覚で病院を訪れる女性が増えています。

 

公的医療保険制度の目的と反しており、問題なんです。また女性側は罪悪感がな場合が多いそうです。「そんな硬い事言わないで(ぷん)」なんて声が聞こえて来そう(苦笑)なんですが、国の医療費に余裕があれば多少は良いと思うのですが…

 

2015年の医療費は42兆円越えと…余裕どころかあっぷあっぷなんですね^^;

でもこれ、モデルや芸能人もブログなどで絶賛していて、まぁ女性は欲しくなりますね。でもこう言った、制度から見た無駄遣いは年間93億円と言う推計があります。

 

そこで厚生労働省は来年4月の診療報酬改定で、処方量などの制限をする方針です。

女性を敵に回したくないが、これはやめてほしいです。

 

では、また明日です。

by Oshobu~