介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護の担い手「嫁」減り、「息子」が増!ギリギリまでSOS出さない…

スポンサーリンク

2017.12.04

 

今日のテーマは「介護の担い手、嫁減り息子が増!ギリギリまでSOS出さない…」でお送りします。

男性による親の介護が増えています。かつて介護の中心的立ち位置にいた「嫁」が減っているからです。

 

まぁ筆者から言えば今まで女性(嫁)ばかりに頼っていたと言う事で、男女共同参画時代になれば、結婚とか関係なく嫁だけの介護は減りますよね。今は嫁も働いているのだから…

 

まぁそれは置いておいて、この記事はフリーの科学ライター松浦晋也さんが、神戸新聞に寄稿した記事を参考に進めます。

その晋也さんが本を出しました。「母さん、ごめん。」

 

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

 

筆者も読む予定ですが、まだ読んでいません。ちょっと買ったけど読めていない本がたまってきていて…苦笑

スポンサーリンク

 

 

タイトルみて下さいよ「50代独身男の介護奮闘記」…って、まるでOshobu~そのものですね^^;

 

何が問題か?と言うと、松浦さん曰くギリギリまでSOSを出さないと言う指摘…

松浦さん自身がそうだったそうで、ストレスで幻覚を起こすまで公的介護に頼らず、介護認定を受けたあとも、世話のために仕事を減らし、経済的に追い詰められた。

最終的に施設への入所決意までの2年半の記録は、母への愛と無力感、その裏返しの罪悪感に満ちている…と書いておられます。

 

全くおれそのもので、これ読んだら泣いてしまうんじゃないかと思う^^;

ただおれと松浦さんの違うところは、公的窓口に早くから相談に行った事です。まぁ相談しても、誰も看る人がいないわけで「介護退職」して、非正規になり経済的に追い詰められたのは変わらないけど…いろいろ助かった事は多かった。

 

とにかく一人で抱えたらダメだわ!

男の一人介護については、また改めて記事にします。

では、また明日です。

by Oshobu~