介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

病院経営悪化!全体で利益率4.2%の赤字(厚生労働省調査)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171116103145j:plain

病院

2017.11.21



なんか、病院の経営が苦しいらしいですね。

今日のテーマは「病院経営悪化!全体で4.2%の赤字(厚生労働省調査)」でお送りします。

 

厚生労働省は、医療機関の経営状況を調べた2016年度「医療経営実態調査」を中央社会保険医療協議会厚生労働大臣の諮問機関)に報告しました。

 

結果なんですが、精神科を除く一般病院全体で利益率が4.2%の赤字で、2015年度より0.5ポイント悪化しています。調査開始の1967年度からでは3番目に悪い数字です。

 

この調査は医療サービスの価格を決める、来年4月の診療報酬改定の基礎資料になるので、けっこう大事な調査です。

厚生労働省の分析では「医療従事者の増加・賃金のUPで人件費が膨らみ経営悪化につながった」とみています。

 

これで、当然医療団体からは診療報酬のプラス改定の圧力が強まるわけですが、財務省社会保障費の抑制がしたいわけで、綱引きが続きそうです。^^;

 

ちなみに、全体はマイナスですが一般診療所は+13.8%・歯科診療所は+21.6%と、イメージ通り、お医者様(特に歯科)は儲かっているみたいですね^^;

では、また明日です。

by Oshobu~