介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護職の8割が、働く上で不満を感じている!理由の最多は「低賃金」

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171105132553j:plain


2017.11.12

 

今日のテーマは「介護職の8割が、働く上で不満を感じている!理由の最多は低賃金」で、お送りします。

月給制で働く介護施設職員の約80%が働く上で不満を感じ、その理由として「賃金が安い」が最多だった事が、介護職員を対象にした労働組合の調査で分かりました。

 

この調査なんですが「日本介護クラフトユニオン」が3~4月に、介護施設などで働く組合員4277人を対象に実施されたものです。

月給制職員1854人・時給制職員1002人が回答しました。

 

今回この記事では、月給制職員について書いています。

このうち、79.7%の方が「働く上で不満がある」と回答しています。

※不満の主な理由(複数回答)

  • 賃金が安い          56.3%
  • 仕事量が多い         34.9%
  • 何年経っても賃金が上がらない 30.6%
  • 連休が取りにくい       22.3%
  • 昇給システムが明確でない   18.2%

政府は今回(2017年度)、平均1万円の引き上げを行いましたが、それまでの介護職の平均収入と全産業の平均収入の差額は約10万円でしたから、まだまだと言う事でしょうね。

では、また明日です。

by Oshobu~