介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

高齢運転者講習、3か月待ちと深刻化!教習所が足りない^^;

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171025160831j:plain

2017.10.25

 

これね~この法律が出来た時に、こうなるのは見えていましたね。

今日のテーマは「高齢運転者講習、3か月待ちと深刻化!教習所が足りない^^;」でお送りします。

 

70歳以上のドライバーが運転免許を更新する時に、受けなければいけない「高齢運転者講習」の受講待ちが全国の自動車教習所で深刻化しています。

兵庫県の例ですが、待ち期間が最大3か月を超える有様です。

 

また、75歳以上は受講前に「認知機能検査」も受ける必要があり、希望日になかなか予約が取れず、このままでは待ちの間に更新期限が来てしまう事もありそうです。

75歳以上のドライバーが交通違反を犯した場合も、認知機能検査が義務付けられましたので、教習所の負担が増えるばかりです。

f:id:masaru-masaru-3889:20171025162900j:plain

スポンサーリンク

 

 

高齢ドライバーは増えていますが、若者が増えないので教習所は増えません(てか、減ってる^^;)

ここからは噂レベルで読み流してくださいね。この高齢運転者講習は教習所へ落ちる利益が少なく、本音はやりたくないので対策が進まないと言われたりしています。

 

これね、すごく教習所に利益が落ちる仕組みにすると、それはそこに利権が発生して専門の教習所がバンバン出来て…みたいな問題が出ますからね~難しい^^;

とにかく対象者のみなさん、更新のはがきが来たらすぐ動きましょう!

 

では、また明日です。

by Oshobu~