介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

高齢化社会の厳しい姿が見える数字、あれこれ…

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171023183204j:plain

2017.10.23

 

ちょっと今日は、読者様と高齢化社会の今の現状を確認しておこうと思います。

今日のテーマは「高齢化社会の厳しい姿が見える数字、あれこれ…」でお送りします。

 

格差社会と言われて久しいですが、ますますハッキリして来ています。また、介護を巡る現状も厳しいです。

スポンサーリンク

 

 

内閣府の2016年版「高齢社会白書」からです。

求職中の完全失業者を含めて、15歳以上で働く意志と能力のある「労働力人口」は全国で約6598万人です。このうち65歳以上は過去最高の744万人(11.3%)です。

 

65~69歳では男性の74%・女性の78%が非正規となっています。

このような背景から、平均的な所得の半分に満たない家庭の割合を示す「相対的貧困率」は65歳以上で約20%に上ります。

2017年7月の生活保護受給世帯も、65歳以上が全体の半数を上回る86万世帯です。

 

介護を巡る現状は、介護の主な担い手は同居する家族が約6割ですが、その7割近くが60歳以上で、「老老介護」が進んでいます。

また、ほぼ終日介護をしている方が25%に上り、共倒れが心配されます。

 

介護を理由に離職を余儀なくされた人は50~60代が全体の7割でした。

筆者はこの50代にもろ当てはまっています^^;

また、離職後母が運良く施設に入れたので、父を診ながら出来る仕事として今の仕事をしていますが、前職の年収の40%以下です。

 

当然同年代の平均の半分以下ですので、貧困層の仲間入り?正確には父と同世帯ですので、父の年金を入れると半分のラインは超えるので、ギリギリ貧困層ではない…ぐらいでしょうか?…泣けてきます。

 

では、また明日です。

by Oshobu~