介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

10月からの「子育て支援・年金・医療」で変わる仕組みの確認。

スポンサーリンク

2017.10.18

 

今日のテーマは「10月からの「子育て支援・年金・医療」で変わる仕組みの確認」でお送りします。

10月になったら確認のために、書こうと思いながらもう後半になってしまいました。

 

10月から大きく変わっている仕組みがあります。過去にお伝えしているものも含めて、確認のためにまとめます。

 

子育て支援

今までは育休の期間は原則1年でした。保育園に入れない場合など延長出来ておりましたが、それでも1年半でした。

 

これが10月1日から2歳に達するまで延ばせます。預け先が見つからない事による離職を防ぐため、雇用保険から出る育児休業給付金も最長2歳まで延長になります。支給額は初めの半年は賃金の67%、その後は50%です。

●年金

これまでは年金を受け取るには、「保険料を納めた・免除・猶予」の期間の合計が25年必要でしたが、それが10年に短縮されました。

これにより、今まで無年金の60万人が受け取れるようになります。

仮に加入期間が10年の場合、支給額は1月約1万6千円です。

●医療

医療保険が適応される、療養病床の「医療型」に入院している65歳以上の患者は、光熱水費の支払額が増えます。

※医療の必要性の低い(医療区分1)

一日320円から370円に…

※医療の必要性が高い(医療区分2・3)

一日0円が200円、2018年4月には370円に…

※難病患者・65歳未満は対象外

 

では、また明日です。

by Oshobu~