介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

アルツハイマー型認知症を採血で診断!(京都府立医大)

スポンサーリンク

 2017.09.29

 

今日のテーマは「アルツハイマー認知症を採血で診断!(京都府医大)」でお送りそます。

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 以前に上記の記事で、血液一滴で13種類の初期がん診断…と言う記事を書きました。

これもいよいよ臨床研究に入ると言う事で、期待しています。

 

で、今回は「アルツハイマー病かどうかを、腕から採取した血液を使って診断でき手法を開発した」と京都府立医科大学の徳田隆彦教授(神経内科学)らのチームが海外の専門誌(電子版)に発表しました。

 

上の文面で、腕から採取した…とわざわざ書いていますね。これつまり、普通の採取方法で診断が出来る事を、お伝えしたかったのです。

f:id:masaru-masaru-3889:20170929141346j:plain

スポンサーリンク

 

 

この診断には、「タウ」と言うたんぱく質のうち脳内に蓄積しやすいタイプのタウの、血中量を測定するのですが、今までは脳脊髄液から検出しなければならなかったため、患者の負担(危険)が大きかったんですね。

 

また、脳からの血中には「タウ」は微量しか移行しないため、測定も難しい現実がありました。チームは「タウ」に結合する抗体を目印にして、特殊な分析機器を導入して従来の1000倍の感度を達成しました。

 

これね、アルツハイマーだけでなく何の病気でも、検査へのハードル(痛さやコスト)が下がれば、患者も躊躇なく出来ますから診断が早くなる、治療が早く始められる、治る・現状を維持出来る可能性が上がるので、大歓迎ですね^^

 

では、また明日です。

by Oshobu~