介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

高齢者と学生のホームシェアを東京のNPO法人が普及を進めています。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170911145127j:plain

2017.09.11

 

今日のテーマは「高齢者と学生のホームシェアを東京のNPO法人が普及を進めています」でお送りします。

正直、ちょっと驚きなんですが、お伝えするわたしが驚いていては話になりませんので(笑)書いて行きたいと思います。

 

この活動を行っているのは、東京のNPO法人「リブ&リブ」です。

スペインをモデルにしています。ホームシェアが普及している、スペインでは80~90歳のおばあさんが学生と生き生きしていた姿に感銘を受けた、「リブ&リブ」の代表理事の方が始めた取り組みです。

 

日本の例を一件紹介しますね^^

立川市のマンションに住む82歳の男性は、今年の4月から大学3回生の男性を、家に迎えています。

男性は5年前に、奥様に他界されてから一人暮らしでしたが、毎日うたた寝とテレビと言う日々でした。今は学生の為に、朝食と夕食をつくるそうです。

 

これが日々の張り合いになっているそうです。一種の承認欲求が満たされた感じでしょうか?別に学生の義務にはなっていないのですが、週に何度か食事を一緒にするようですので、認知症が進む原因の一つ「孤食」が防げていいですね^^

 

学生からみれば、家賃が無いのです。これ大きいですね^^光熱費や生活雑費として月2万円払うだけです。あと学生は「リブ&リブ」に入会金2万円・月会費3千円です。

学生と高齢者の相性が合えば、アリかもしれませんがちょっと色々考えてしまうのは、わたしだけではないでしょう^^;

 

では、また明日です。

by Oshobu~