介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

欧米型食事で死亡リスク減!適度な量の肉・乳製品がポイント

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170825100040j:plain

2017.08.29

 

今日のテーマは「欧米型食事で死亡リスク減!適度な量の肉・乳製品がポイント」でお送り致します。

昨日の記事で、健康食に対する真反対の説が多くてなんだかな~^^;みたいな記事を書きました。

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

その記事で少し触れましたが、あまり良く言われていない「欧米型の食事」が、実は死亡率を下げるよ!と言う研究結果が上がってまいりました。

 

南里(なんり)明子福岡女子大准教授と国立がん研究センターなどのチームによるものです。

秋田・長野・沖縄など9府県の45~74歳の男女約8万人について、1995~1998年に食事内容を詳細に調査した後、2012年末まで追跡して食事のパターンと死亡リスクの関連を分析しました。

 

●食事のパターン

「健康型」

脂の多い魚や野菜などが多い

「欧米型」

肉・乳製品・パンなどが多い

「伝統型」

ご飯・味噌汁・漬物が多い

※このパターンに分けた後、傾向の強い順にさらに4つに分けました。

 

●結果

「健康型」

傾向がもっとも弱いグループに比べ、それより傾向が強いグループでは循環器疾患の死亡リスクが最大3割、あらゆる理由の「全死亡リスク」も最大2割低かった。

「欧米型」

傾向がもっとも弱いグループに比べ、それより傾向が強いグループでは「全死亡リスク」で最大1割低かった。

「伝統型」

傾向の差で関連はなかった。

国立国際医療研究センターの溝上(みぞうえ)哲也疫学・予防研究部長の話では、「日本人はそもそも肉や乳製品の摂取量が少ない。適度に撮る事で栄養バランスが整い、死亡リスクが下がると考えられる」としている。

 

では、また明日です。

by Oshobu~