介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

事故か事件か…介護施設で5人死傷!岐阜県が立ち入り検査へ

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170819080704j:plain

2017.08.19

 

今日のテーマは「事故か事件か…介護施設で5人死傷!岐阜県が立ち入り検査へ」でお送りします。

いや~大変な事案(事件・事故不明)が飛び込んで来ました。昨日の夜メジャーニュースに流れていましたが、週末でバタバタしてまだご存じない方もおられるでしょう。

 

このブログの立ち位置としては、ずっと追いかけていかないといけない事案です。

実は岐阜県高山市の介護老人保健施設で先月から今月にかけて入所者3人が相次いで死亡し、2人がけがをしていたことがわかりました。

岐阜県は施設の立ち入り検査を行って当時の状況などを調べています。

●経緯

7月31日、80歳の男性が食堂でのどに食べ物を詰まらせて動かなくなっているのが見つかり、病院に搬送されましたが死亡が確認されています。

8月6日、入所者の93歳の女性が部屋で倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、翌日死亡しています。死因は外傷性の脳挫傷や頭蓋骨骨折だったということです。

8月12日、87歳の女性が体調が悪くなって病院に搬送されましたが、翌日死亡しました。警察が遺体を詳しく調べた結果、死因は折れたろっ骨が肺に刺さるなどして血液が肺にたまったためだとわかったということです。

また、8月15日・16日には90代の女性2人が相次いでけがをして入院したということです。

 

※あくまで可能性ですが、女性の事例は暴力を受けてもそのような結果になりそうで気がかりですね。イメージの問題でしょうが、老人ホームで高齢者3人を転落死させた事件が浮かぶのは、私だけではないでしょう。

 

とにかく、事件にしろ事故にしろ真相がわからないと、再発防止が出来ませんから急がれますね。

では、また明日です。

by Oshobu~