介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

暑中見舞いで詐欺防止(兵庫県警の取り組みをご紹介)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170813154705j:plain

2017.08.13

 

今日のテーマは「暑中見舞いで詐欺防止(兵庫県警の取り組みをご紹介)」でお送りします。

先日安倍内閣の改造がありました事は、読者様も記憶に新しいと思いますが、その時会見を各大臣がします。国家公安委員長が言っておりました。「特殊詐欺」対策に力を入れると…

 

実は全体の詐欺は減る方向にありますが、「特殊詐欺」だけ増加傾向なんですね。

日本全体の人口は減っていますが、お年寄りの層は増えていますから、詐欺グループにすれば商圏は広がっています。

 

今日は兵庫県警の取り組みです。

県警では特殊詐欺への注意喚起のメッセージを記載した、暑中見舞いはがきを3万枚作成しました。神戸・阪神間で被害が集中している地域の家庭に順次発想しています。

 

はがきを受け取った家庭で、家族間での話題にしてもらい「防犯意識」を高めてもらう狙いです。特にお盆は家族が集まり、話す機会も増えますからいいですね^^

 

地味な施策ですが、筆者は支持します。病気もかかってからの治療に力を入れるより、予防医学に力を入れた方が、最終的に医療費の抑制につながったりします。

犯罪も検挙UPより、防犯が進む方が望ましいと感じています。

 

では、また明日です。

by Oshobu~