介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

瀬戸内寂聴さん、日野原重明さんを語る

スポンサーリンク

2017.07.28

 

今日のテーマは「瀬戸内寂聴さん、日野原重明さんを語る」でお送りします。

瀬戸内さんと日野原さんの出会いは、瀬戸内さんがちょうど源氏物語の現代語訳を手掛け終わったところだったようですね^^

 

対談企画で知り合った二人は、その後ずっと交友関係にあったとのことです。

日野原さんの方が10歳年上で男性…通常は女性の方が元気なものです。

ところが、一緒にデパートに行くと瀬戸内さんはエレベーターに乗りたいのに、日野原さんは一人すたすた階段で上に行くそうです。

 

仕方なくトコトコとついて行く…^^;一緒に旅行をしたこともあって、出先でお土産をもらうらしいのですが、瀬戸内さんが「持ちましょうか?」と言うと「両手に持った方がバランスが良いから」と全部持つそうです。

 

パーティーの舞台でも、ふつうは年齢的に気恥ずかしいような、歌・踊りをどんどん参加!瀬戸内さんと病院内を歩いたことがあるそうですが、患者さんが部屋から飛び出てきて、中には拝む人もいるとか…

先生の存在そのものが薬^^

 

若い人は知らないだろうけど、「よど号ハイジャック事件」と言う天下をひっくり返したような事件がありましたが、日野原先生偶然乗り合わせています。

うん。もう先生には何かあるんだね!としか言いようがない^^;

 

では、また明日です。

by Oshobu~

 

十歳のきみへ―九十五歳のわたしから

十歳のきみへ―九十五歳のわたしから

 
生きかた上手

生きかた上手

 
(125)今日すべきことを精一杯! (ポプラ新書)