介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

超百寿者で現役医師、「日野原重明さん」と言う巨星散る!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170718105643j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.07.18

 

今日のテーマは「超百寿者で現役医師、「日野原重明さん」と言う巨星散る!」でお送りします。

日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長

 

各報道によりますと、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが、18日午前6時33分、呼吸不全で亡くなりました。105歳でした。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

このブログでも何度か取り上げさせて頂きました。105歳…男性ですからね。

すごい!長寿です。お医者様が「健康寿命と言うのは、こうやって伸ばすのですよ!」と自らの身体で見本を見せてくれた方です。

日野原 重明(ひのはら しげあき、1911年(明治44年)10月4日 - 2017年(平成29年)7月18日[1])は、日本の医師医学博士聖路加国際病院名誉院長上智大学日本グリーフケア研究所名誉所長公益財団法人笹川記念保健協力財団名誉会長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長などを務める。

 この方の功績はあまりにも大きく多岐にわたりますので、少し時間を置いて落ち着いたころ、このブログで纏めたいと思います。

今日は、取り急ぎ発信まで…

 

by Oshobu~