介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

高齢ドライバーの運転の安全性をあげる「補償運転」と言う考え方

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170616191241j:plain

https://www.ac-illust.com

2017.06.16

 

 今日のテーマは「高齢ドライバーの運転の安全性をあげる「補償運転」と言う考え方」でお送りします。

 

高齢ドライバーの起こす交通事故の問題が、世間を騒がせるようになってからかなり経ちますね。われわれ介護家族の立場からも、事故の確率が現役世代と同程度で済むなら、なるべく高齢者から運転免許を取り上げたくないのが、本音ではないでしょうか。

 

少しでも不便な地域に住んでいれば、運転免許の取り上げ=買い物難民・通院が出来ない・外出が減って老いが進むなどの問題が絡んでくるからです。

●補償運転

補償運転とは、心身の衰えを補い危険を避ける安全運転の方法のことです。

①夜間の運転を控える

②雨の日の運転を控える

③長距離の運転を控える

④ラジオ・音楽等聞かずに運転する

⑤以前よりスピードを出さない

まぁ、まだありますが代表的なものを書きました。

どうです?これ中々ありの考え方ですよね。

 

では、また明日です。

by Oshobu~