介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

日本人の死亡率に関する調査、男女共に過去最低を記録(厚生労働省)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170615153112j:plain

https://www.ac-illust.com

2017.06.15

 

今日のテーマは「日本人の死亡率に対する調査、男女共に過去最低を記録(厚生労働省)」でお送りします。

厚生労働省が5年ごとに調査しております、「日本人の死亡率に関する調査」と言うのがあります。

※正式名「都道府県別年齢調整死亡率の概況」

 

簡単に言いますと、人口10万人当たりの死亡数を調べています。

2015年は男性が486.0人(前回比58.3人減)・女性が255.0人(前回比20.0人減)で、過去最低を更新しました^^まぁ、めでたいです(笑)

 

この調査のことは、今回勉強して始めて知りましたが、男女差がけっこうありますね。

やっぱり女性は強し!ですね(笑)

 

厚生労働省の分析

  • 医療技術の進歩
  • 喫煙率の低下
  • 健康志向の高まり

この3つを背景としてあげています。まぁ、なるほどですよね。

 

因みに男性死亡率の高いのは青森の585.6人、秋田の540.3人です。

女性は青森288.4人、福島の275.4人です。

う~ん汗(;^_^Aちょい青森ピンチですかね…

 

逆に死亡率が低いのは、長野と滋賀で女性は長野と島根です^^

長野は良いようですね(笑)

 

では、また明日です。

by Oshobu~