介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護に自分の人生の全てを捧げなくて良い。夢への道は残しておこう。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170529110551j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.29

 

今日のテーマは「介護に自分の人生の全てを捧げなくて良い。夢への道は残しておこう」でお送りします。

介護の話題について、いろいろ情報収集をしていますと介護が起因で犯罪を犯す、犯罪に巻き込まれる、重大な事故に遭遇する話が世の中に多くあります。

 

その一つ一つは、しっかり検証すれば防げた例と、どうしても防げなかった例に別れると思います。わたしは介護をしている当時者なので、世間の人が「なぜ、そんな事にまでなるの?」と首をかしげる事案でも、理解出来る事が多いです。

 

ただね、世間が首をかしげる内容は事前に手が打てた事も多いのは、事実だと思います。介護殺人・介護心中は最たるものです。

俗に言う「共倒れ」です。

ここは、批判を浴びるかもしれませんが「共倒れ」するぐらいなら、逃げた方が良い、どこか知らない土地でやり直した方が良いです。

 

両親にはあの世で謝罪すればよいでしょう。

自分は両親がW介護になり、一人っ子の独身です。逃げ場はありません。

会社も辞めました。W介護の間は収入もなくどんどん貯えが減ります。

真面目な話、やれるだけの事をやってダメなら、逃げるのも有と思っていました。

 

母が施設に入って、非正規ですが少し働けるようになりお金も増えませんが^^減らなくなりました。現状維持ですね。俗に言う底を打った状態まで来ました。

良かった!親を殺す事もなく、逃げる事もなく、これからは少しづつですが自分の人生を立て直す事に力を入れます。

 

当時者として、重ねて言いますね。いまこれを読んでる読者様で苦しい立場の方がいると思います。やれるだけやったら、あとは「共倒れ」を防ぐ方法を考えてくださいね。

 

※わたしが残念に思ってならない事件の記事です。少し長いですが、参考になる事もあると思います。お時間が許す方はぜひお読みください。 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 では、また明日です。

by Oshobu~