介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護保険サービス利用料、 現役並み所得者3割負担に!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170526100258j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.26

 

今日のテーマは「介護保険サービス利用料、 現役並み所得者3割負担に!」でお送りします。

何度か途中経過をお伝えして来ましたが、とうとう成立の運びのようです。

 

介護保険における自己負担ですが、現役世代並みの所得がある人の負担割合を3割に上げる介護保険法などの改正案が25日、参院厚生労働委員会自民党公明党日本維新の会などの賛成多数で可決されました。今日26日の参院本会議で成立する見通しです。

 

これについては筆者は、話が出て来た時から賛成の立場です。高齢化で急増する介護費用と現状の財政難を考えると、余裕のある高齢者の方にある程度の、負担をお願いして本当に困っている方にしっかり届く、制度維持が必要との考えです。

 

介護保険サービスの利用料の自己負担は、原則1割です2015年8月からは、単身世帯なら年金などの所得が年280万円以上など「一定の所得のある人」は2割になっています。3割負担は、単身世帯なら年金などの所得が年340万円以上などの「現役世代並みの所得の人」で、来年8月から引き上げられます。

 

対象は利用者の3%の約12万人と見込まれていまして、全体から見れば大きくありません。心苦しいですが^^;高齢者でも現役並みの所得がある方は、言わば経済的成功者と言えます。今回の法改正で、現役の高所得者も保険料があがりますので、理解して頂きたいです。

 

別に政府の回し者ではございません(笑)

では、また明日です。

by Oshobu~