読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

中曽根康弘氏99歳、渡辺恒雄氏90歳にみる力^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170517111051j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.17

 

今日のテーマは「中曽根康弘氏99歳、渡辺恒雄氏90歳にみる力^^」でお送りします。

現在このブログは、自分の介護の経験から書ける事・勉強中の介護、高齢問題・高齢者の絡む事件、世相・健康に関する情報、話題などを一日一記事短く書いております。

今日の話題はその範疇か迷いましたが、とても広くとらえて書くことにしました^^

 

東京都内で、中曽根元首相の白寿を祝う会が行われました。現安倍首相もあいさつをされていますが、この中曽根氏と来賓の渡辺恒雄氏から見ればみんな若僧であると(笑)

 

中曽根康弘

中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年大正7年)5月27日 - )は、日本の政治家。位階従六位勲等大勲位

衆議院議員(20期)、科学技術庁長官(第725代)、運輸大臣第38代)、防衛庁長官第25代)、通商産業大臣(第3435代)、行政管理庁長官第45代)、内閣総理大臣(第717273代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長自由民主党総裁(第11代)などを歴任した[1]。対米関係上の愛称は「ヤス」。

渡辺恒雄

渡邉 恒雄わたなべ つねお1926年大正15年〉5月30日 - )は、日本新聞記者実業家株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆勲等旭日大綬章。「ナベツネ」の通称で知られる。 

株式会社読売新聞社社長、球団オーナー、株式会社読売ジャイアンツ取締役最高顧問、社団法人日本新聞協会会長などを歴任した。

自ら「俺は最後の独裁者だ」と語ったとされ、メディアにおいて「独裁者」と呼ばれていることについては渡邉自身が認めている。他に「メディア界のドン」「政界フィクサー」とも呼ばれている(詳細は後述)。

 ※両氏の説明はWikipediaより

 

この二人は、若い頃からず~と!改憲論者で活動して来ました。読売新聞なんか、独自の改憲案を新聞の一面に打ち出したこともあります。

今回、5月24日に中曽根氏の改憲に関する本も出版されるそうです。

 

男性で90歳を超えて、シャキシャキ自分の意見を言ったり、夢に向かって行動をし続けたり出来る人は、そんなにいません。

主張に対する意見は、読者のみなさんも色々あると思いますが、やはり取り組むものがあると言う事は、健康寿命を延ばすようですね^^

 

では、また明日です。

by Oshobu~