読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

「認知症でも心は生きてる」アルツハイマー病協会国際会議「加古川元気会」ポスター発表!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170430102552j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.07

 

今日のテーマは「認知症でも心は生きてる、アルツハイマー病協会国際会議「加古川元気会」ポスター発表!」でお送りします。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 上記の記事でもご紹介しましたが、第32回アルツハイマー病協会国際会議が京都で開催されました。

その中で、日ごろの活動をポスターにまとめて発表すると言う企画がありまして、筆者の地元兵庫県で活動されている「加古川元気会」の吉田正巳さんが発表をされました。

 

吉田さんは若年性認知症の奥様に、寄り添うかたちで2010年同会を立ち上げました。

加古川市の助役をしていた人ですが、奥様の不調のため退任されています。

 

当時を振り返り、「認知症のことを何も知らず、怖くて不安だった。人に知られたくないと言う思いや、治るのではと言う葛藤もあった」と言われていますが、家族が認知症になった人にはよくわかる話ですね。

 

大事にしたのは認知症の人は何もわからないのではなく、心は生きている。本人の苦しさをきちんと理解し、対等に共に過ごしたい」

 

ちゃんとした活動をしている人は、言うことが違いますね。

筆者も肝に銘じて、両親を看ていきたいと思います。

では、また明日です。

by Oshobu~