読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

UR(都市再生機構)、高齢者向け家賃減額終了へ(2019年度~)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170331161156j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.06

 

今日のテーマは「UR(都市再生機構)、高齢者向け家賃減額終了へ」でお送りします。

UR(都市再生機構)が管理する、「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」に住む、低所得者向けの家賃減額制度が、2019年度から順次期限切れを迎えます。

 

■もともと時限処置

まぁ、URが高齢者にいじわるをしていると言う事ではありません^^;

高優賃は1999年度にスタートしました。UR管理物件の一部をバリヤフリー化したり、緊急通報ボタンなどの設置もしています。

 

入居については高齢者がいる世帯に限られ、月収15万8千円以下を対象に、収入に応じて家賃を月額最大2万5千円減額しています。

財源の制約などを理由に、減額はバリヤフリー化から20年間の時限処置となっています。

2019年度から順次期限切れ

2019年度には217戸がはじめて期限を迎えます。2020年度、1400戸・2021年度、2839戸が期限を迎え、2024年度で全体の60%を超える見込みです。

URの自治会でつくる協議会があるんですが、「住んでいるのは70代後半~80代の人が多い。年金暮らしの高齢者にとって家賃減額がなくなるのは大きい」と言っています。

 

■税金がからむ問題

ご存知の通りURが現在民間ですが、家賃減額は税金が投入されています。

2015年度で家賃減額の費用は55億円で、おおむね半額国が負担をしています。

わたしは期限を延ばしても良いのでは…と考えますが、公平性の観点など色々話し合ってからになるのも当然ですね。

 

では、また明日です。

by Oshobu~