読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

悪いのは詐欺犯だが、なんとかならなかったものか?ってお話です。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170427160534j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.04

 

今日のテーマは「悪いのは詐欺犯だが、なんとかならなかったものか?ってお話です」でお送りします。

ヒューマンエラーは100%無くすのは無理です。誰でも失敗はある!例え総理大臣でも、経団連会長でも、最高裁判事でも^^;

 

大阪府警、富田林署職員詐欺見抜けず

特殊詐欺を未然に防ぐため、富田林市内の無人ATMを警戒していた富田林署職員が、70代の女性が携帯電話で話をしながら、ATM操作をしようとしているのを発見、不審に思い声をかけました。

 

職員が電話を代わると、相手は銀行員を名乗った上で「操作方法を電話口で教えているだけ」と答えました。

職員はそれを信じて、女性の手続きを止めませんでした。

 

しかし、その後くわしく話を聞いたところ「医療費が還付されると言い」現金を振り込ませる還付金詐欺の疑いと分かりました。

疑いと表現されているのは、立証されていないと言うだけで、間違いなく詐欺です。

 

やってしまった事は仕方ないし、悪いのはもちろん詐欺犯だけど警察職員だからね、先にお金の使途ぐらいは聞いた方が良かったかな~(汗)

還付金がらみでATMを操作する事はありえないので、「還付金」の言葉さへキャッチ出来ていれば、職員も止めたでしょう。

非常に、残念な例となりました。

 

では、また明日です。

by Oshobu~