読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

「平均寿命」と「健康寿命」の差が少しずつですが開いて行っているのが気になります。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170501145805j:plain

2017.05.01

 

今日のテーマは「平均寿命と健康寿命の差が少しずつですが開いて行っているのが気になります」でお送りします。

みなさんご存じでしょうが、確認です。

健康寿命

健康上の理由で日常生活が制限されない期間の事を、健康寿命と言います。

2013年調べで、男性約71歳・女性約74歳です。

これに対して、同じ年の平均寿命は男性約80歳・女性約86歳です。

 

その差の期間が、医療・介護の世話になっている期間です。

筆者が気になっているのが、両方の年齢とも調査する度に伸びていますが、伸び率が少しですが平均寿命の方が高い事です。

 

つまり少しずつですが、医療や介護でお世話になる期間が長くなっています。

逆にしたいですよね^^;

 

健康寿命を延ばすには何が必要か、皆さんに聞いた意識調査があります。

2016年高齢社会に関する意識調査(厚生労働省

別の年代にも聞いていますが、この記事の内容は60歳以上の方の集計です。

※複数回答

適度に運動する事 

60~69歳 65.1% 70~79歳 67.8% 80歳~60.5%

休養や睡眠を十分とる事

60~69歳 55.9% 70~79歳 52.3% 80歳~63.0%

バランスの良い食事や、家族・仲間と食事をとるなど孤食を防ぐこと

60~69歳 53.4% 70~79歳 52.7% 80歳~54.3%

健康診断などの受診など、自己の健康状態の把握

60~69歳 34.1% 70~79歳 38.6% 80歳~34.6%

 

うん。みんな頭ではよくわかっているんだけど、それが難しいと言う事ですね^^;

 

では、また明日です。

by Oshobu~