読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

2025年問題!団塊の世代が75歳以上になる社会が迫っています。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170210154034j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.02.10

 

こんにちは。

今日のテーマは「2025年問題!団塊の世代が75歳以上になる社会が迫っています」でお送りします。

 

これね、問題が多岐に渡りすぎて書ききれない^^;

いま注目と言えば、高齢者の交通事故問題ですね。当然75歳以上ドライバーがぐっと増えるわけで、免許更新時に認知症確認はしますが軽い疑いぐらいでは、取り上げる事はしませんので問題になると思いますね。

f:id:masaru-masaru-3889:20170202160106j:plain

https://www.ac-illust.com/

 

65歳~の10年と75歳~じゃ受ける医療の質・受ける介護の質が違うので、医療費・介護費の高騰が心配ですね。

 

また行動範囲が狭まってくるので、地域医療は重要ですね。国も「地域包括ケアシステム」と言って、住み慣れた場所で医療・介護を提供する施策を進めています。

医療を大病院で完結する➡自宅近くの診療所・介護施設などで提供して行くんですが、実際には上手く行っていない面があります。

 

原因は各施設の連携不足と言うか、そのシステムさへ脆弱な感じですね、今。

 

例えば、街医者(歯・眼・整体)とかの情報を共有したりして、主治医がお年寄りの心身全体の健康状態を掴めるシステムとかあれば良いですね。素人考えですけど^^

 

まぁ、何につけそんなに遠くないですから官民あげての取り組みが必要ですね。

では、また明日です。

by Oshobu~