介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

悪質老人ホームは業務停止、厚労省通常国会に介護保険法改正案

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170120101208j:plain

http://www.ac-illust.com/

2017.01.20
 

 

おはようございます。
今日のテーマは「悪質老人ホームは業務停止、厚労省通常国会介護保険法改正案」でお送りします。

 

【増加する有料老人ホーム】

有料老人ホームの定員は、2015年で約42万人と言われています。今も増加中です。
また、無届けの有料老人ホームに少なくとも1万5千人が入居していると、共同通信の調査では結果が出ています。
 

まぁ、これだけ増えてくると質の良い業者ばかりとは行きませんね。ただ、今まで自治体は業務改善命令は出せても「業務停止命令」は出せませんでした。

介護保険法改正案】

この通常国会で、厚生労働省は介護法改正案を提出します。

  • 自治体が業務停止命令を出せるようにする
  • 利用料・サービス内容の自治体へ報告義務付け
  • 上記の情報の公開
  • 倒産リスクに備えた前払金の保全義務
  • 倒産時の他施設転居、都道府県が援助

まぁ、どれも納得ですが今まで規定されていなかった事に、驚きました。

※一番の問題は、やっぱり倒産時かな?行き場のない高齢者が出ないように政府と自治体にはしっかりお願いしたい。

 

では、また明日です。
by Oshobu~