介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

ひと昔前に「ニュータウン」と呼ばれた集合住宅街の高齢化が深刻です。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161227195549j:plain

http://www.ac-illust.com/

2016年12月28日

 

 

おはようございます。

今日のテーマは「ひと昔前にニュータウンと呼ばれた集合住宅街の高齢化が深刻です」でお送りします。

 

けっこうどこの地域でもありました。「ニュータウン」と呼ばれる集合住宅がすごく集まった街がね^^そこの為に新しいバス停とか駅が出来たものです。

時は高度成長期で、各家庭に洗濯機・冷蔵庫・テレビが行き渡り子供の数が爆発していました。

 

同じ屋根の下ではなくても、近くに三世代居る状態ですね。

公助より私助がちゃんと機能していて、国の財政も黒字でした^^

f:id:masaru-masaru-3889:20161227201111j:plain

http://www.ac-illust.com/

そして、時が流れました。

兵庫県明石市松が丘地区例】

一例として上記の地区の例をあげますね。

同地区は1977年4月では、人口1万3208人高齢者(65歳以上)432人、高齢化率3.27%でした。

 

2015年4月には、人口6869人高齢者2836人、高齢化率41.29%になってしまいました。

※日本全体の高齢化率が約25%ですから、深刻ですね。

 

どこのニュータウンも似たような状態と考えられます。独居老人の増加ペースが異常で、このままではある程度の都会なのに、限界集落のようになってしまいます。

 

なにか良い知恵はないものでしょうか^^;

では、今日はここまで。

 

by Oshobu~