介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

高齢者、冷え込みで増える心疾患!働き盛りは肥満・喫煙・寝不足に注意。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161221151024j:plain

http://www.ac-illust.com/

2016.12.22

 

おはようございます。

今日のテーマは「高齢者、冷え込みで増える心疾患!働き盛りは肥満・喫煙・寝不足に注意」でお送りします。

 

最近神戸は暖かい日が続いておりますが、すぐ真冬が来るのは間違いないですね^^;

で、冷え込むと増加するのが「心疾患」です。

【暖かいところから出る時注意】

暖房の効いた部屋から出る・風呂場が寒い・寒い日の外出などとにかく温度差が激しくなると予想される場合注意が必要です。特に動脈硬化や高血圧がある高齢者は気を付けて下さい。

 

この様なブログを書いていて恥ずかしいのですが、先日父が風呂場で倒れました。

※下記にその様子を書いています↓ 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

12月5日の神戸新聞の「からだ」と言う読み物のコーナーがあるんですが、そこに総合東京病院心血管インターベンション治療センターの松村センター長・循環器センターの塚原センター長の話が載っていたので、参考にしながら書いていきますね。

【働き盛りの方が気を付ける事】

①家族に心臓疾患の人がいる場合は特に注意

②肥満の人は注意

③喫煙者は注意

④寝不足・ストレス、思い当たる人は注意

※う~ん。分かりますけど会社でバリバリやっている人に、寝不足になるなとかストレスを抱えるな、は難しい相談ですね^^;

でも、死んだら何もならないから少しでも改善しましょう!

【胸の痛み・動悸を感じたら受診】

とにかく早め早めに診てもらいましょう。実際心筋梗塞は症状が出てから1分でも治療を早く初めた方が、治療成績は良いとの事です。現実に発症から1~2時間で来る人は稀で5~6時間の方が多いようで残念です。

【胸が痛い人は少ない?】

塚原センター長の話では、救急で運ばれてくる方で「胸が痛い」と言う人は2割ぐらいで、締め付け感・胃の周り・喉や歯・背中などの痛みで診察すると、心筋梗塞と言う事があるそうです。となると、危険因子をお持ちの方はとにかく体調の変化に要注意ですね^^;

塚原センター長は

①規則正しい生活と十分な睡眠

②高血圧や高脂血症などの危険因子を早めに察知

③禁煙

まずはこの3っとのことです。

耳が痛い><

by Oshobu~