読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

認知症事故救済制度見送り(ちょっと残念なお知らせです)

介護コラム
スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161219205148j:plain

http://www.ac-illust.com/

2016年12月20日 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 おはようございます。

上記の過去記事は、認知症患者が外出先で起こした事故の救済制度を、神戸市が検討していると言う内容です。

 

実は「認知症の人と家族の会」などが要望して政府でも検討されていました。

しかし、今回は厚生労働省・警察庁などの関係省庁連絡会議で見送る事が決まりました。

【見送りの理由】

  • 救済範囲・財源の議論が必要ですぐの制度化は難しい
  • 高額の保障事案は多発していない
  • 民間で認知症の人向けの個人賠償責任保険が開発されている

などです。

 

まぁ、理解は出来ます。事例が少ないので議論が尽くされていないのは事実で、最近話題になった、愛知県の鉄道事故でも最高裁判決は賠償金0でしたので、様子見と言うところでしょう。(詳しくは上の過去記事をお読みください)

 

【今後の対策】

  • 個人賠償責任保険の周知
  • 都道府県単位の広域見守り強化
  • 踏み切りの取り残された高齢者などの検知能力強化
  • 非常用押しボタン配備

などで対応を考えているようです。

 

※とにかく財政が厳しい日本ですので、認知症のお年寄りばかりにお金を使ってくれとは言えませんが、認知症の方が今後増えるのは避けられないと思いますので、知恵をみんなで絞って行かねばならないのは、現実です。

 

では、今日はここまで

by Oshobu~