介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

年金積立金管理運用独立行政法人、3四半期ぶりに黒字確保!!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161126072620j:plain

http://www.ac-illust.com/フリーイラスト

2016年11月26日

 

おはようございます。

いつも、道のイラストか写真を冒頭に入れています。「介護の道は一歩から」と言うブログ名に因んでなんですが。今日はいつもの系統と違うイラストです。どうですか?(笑)

 

さて、季節も一気に進み寒くなってきました。インフルの流行も始まり出したとの報も流れてきています。ご自愛ください。

 

このご自愛って言葉、わたし好きでして大切にしたい人は回りに何人かいますが、その一人は自分です(笑)

最近、大手広告代理店の女子社員の過労自殺の話題が、世間に問題を投げかけましたが、ご本人は本当に辛かったのだと思います。ただ、その事を十分受け止めた上で申し添えたい「ご自愛」して頂きたかったと…

 

わかっているんですよ、彼女の自愛が死を選ぶ事だったのは…ただもっと心が頭の中が追い込まれる前に「ご自愛」してもらえば別の選択を選べたかも?と残念です。

この歳になりますと、お母様の無念が想像できるだけに残念です。

f:id:masaru-masaru-3889:20161126074401j:plain

http://www.ac-illust.com/フリーイラスト

今日実は珍しくお休みが出まして、土日連休^^大手企業の勤め人みたいな朝のスタートになっています。それで、ちょっといろいろ書いてしまいまして。

さて、本題です。テーマ「年金積立金管理運用独立行政法人、3四半期ぶりに黒字確保!!」でお送りします。

【素直に良かった黒字確保】

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は25日、2016年7~9月期に2兆3746億円の運用益(黒字)を計上したと発表した。株高で保有株の評価益が膨らんだ。黒字は15年10~12月期以来3四半期ぶり。公的年金の自主運用が始まった01年度からの累計で見れば、42兆5644億円の運用益を計上している。

 7~9月期の運用損益の主な資産別内訳は、国内株が2兆234億円の黒字、外国株が1兆455億円の黒字。政府の経済対策への期待や英国の欧州連合(EU)離脱への過度な懸念の後退から内外の株式が値上がりした。
 一方、国債利回りは上昇(価格は下落)したため、国内債券は6671億円の赤字。外国債券も398億円の赤字だった。 

ヤフーニュースより

いやいや、どうなることかと思いましたよ。筆者自身はこのブログで年金運用には賛成の立場をとって来たので冷や汗ものでした^^;

 

これに胡坐をかくことなく、適時ポートフォリオ を見直しは進めてもらいたいです。

今回は株が牽引していますが、国民の年金資金ですので株比率が半分ほどを占めるのは高いような気がしますが、みなさんはいかがお考えでしょうか?

 

心配しているのは、オリンピックが終わる2020年以後の経済と更に2025年問題以後の経済です。素人感覚でもかなりやばそう^^;

政府にはもう一度、ふんどしを締めなおして取り組んでいただきたいです。

 

では、またね^^/

by Osyobu~

【あわせて読んでほしい】 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com