読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

2017年度予算編成、介護400億円圧縮へ!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161124223844j:plain

http://www.ac-illust.com/フリーイラスト

東京の昨日はこの時期では54年ぶりの雪になったとか…秋は?^^;

2016.11.25

 

おはようございます。

今日のテーマは「2017年度予算編成、介護400億円圧縮へ!」でお送りします。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

上記の過去記事もそうなのですが、予測記事で色々出ていましたが、そろそろ概要が固まってきたようです。見ていきましょう。

【医療費1000億円、介護費400億円圧縮】

国の予算編成の話ですから、色んな注目数字があるのですが「介護の道も一歩から」の視点では、医療費と介護費ですね。

 

社会保障費抑制は、国の財政を鑑みるとある程度受け入れないと仕方ないですね。

高所得の高齢者に対する負担軽減措置の縮小が柱になります。

[医療費]

①高額療養費

70歳以上を対象に、一定以上所得がある人の上限額引き上げ

外来医療費の特例を縮小

②75歳以上の保険料

扶養家族だった人や低所得者の保険料特例軽減を縮小

③入院患者の高熱水費 

療養病床の高齢者を対象に値上げ

④がん新薬のオプジーボ

薬価を半額に値下げ

協会けんぽへの補助金

削減

 

※⑤の協会けんぽは中小企業の社員が入る健康保険ですが、いま財政に余裕があるそうなので、問題ないと思います。

④のオプジーポはまた機会があれば、調べて記事を書きますね。

②は低所得者にも影響がありそうで気になりますね。

 

[介護費]

①40~64歳の介護保険

大企業の社員の負担を増やす「総報酬割り」を導入

②高額介護サービス費

一般的な所得の人の上限引き上げ

 

※①の総報酬割りについてはこの記事を読んでください。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 【あくまで案です】

ここで、確認ですがこれは政府と与党が考えた案です。今後国会で審議される叩き台ですから、予算が通過したときにもう一度、新聞などで確認してくださいね。

タイミングが合えば、当ブログでも確認記事を書きますが…

今日はここまで^^/

by Oshobu~