読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

父をゆっくり観察しました。やっぱり進んでいるな^^;

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161106202807j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年11月7日

 

おはようございます。

今日のテーマは「父をゆっくり観察しました。やっぱり進んでいるな^^;」でお送りします。

 

昨日の日曜日は父と一日一緒に過ごしました。まぁ、デイサービスも無いしヘルパーさんも来ない設定日ですので、そのように過ごす事が多いです。

先日、定期の要介護認定で要介護度1から2になってしまった父ですが、認定調査日はわたしが仕事でしたので、最近の父の様子をケアマネジャーが報告してくれました。

 

ケアマネジャーの情報源は、私からの聞き取りと家に来るヘルパーさん・デイサービス先のスタッフからです。

f:id:masaru-masaru-3889:20161106204141j:plain

で、その事をずっと考えていてやっぱりヘルパーさんや施設スタッフの方は、父の事をよく見ていてくれているんだな~と改めて思いました。

 

私からの聞き取り情報だけでは、要介護度2の認定には進んでいない気がします。

やっぱり、仕事として使命感をもって見ているのと、私のように生活の一部として時間に急き立てられながら父と暮らしをしながら見るのとは違うのかな?

 

と、言うのも昨日その観点を持ちながら父をよく見ると、身体の衰えが進んでいました。かなり秋も深まりシャワーでは無理になってきましたので、風呂を沸かし入浴剤を入れて父の入浴の介助をしました。

f:id:masaru-masaru-3889:20161106205425j:plain

もうね、見ていたら危なっかしい^^;

特に、靴下やパッチを脱ぐときに片足になるじゃないですか!?もうぐらぐらして、いつ転倒してもおかしくない!湯船に入ろうとして足を引っ掛ける・支える手がすべる(冷汗)…

 

頭を洗おうとして、水のシャワーを出す「冷たい!冷たい!」(苦笑)

これは、まだ笑えますが転倒は寝たきりの入り口ですし溺れは即、死につながりますからね。今までは、家事をしながら入浴中に要所要所、見にいくスタイルでしたから私が気がついていないだけだったんですね^^;

 

まぁ、もっとしっかり見ていこうと思います。

今日はこんな処で^^/

by Oshobu~