読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護保険に3割負担案、高所得の高齢者対象(政府内で浮上)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161102201420j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年11月3日

 

おはようございます。

今日のテーマは「 介護保険に3割負担案、高所得の高齢者対象(政府内で浮上)」でお送りします。

masaru-masaru-3889.hatenablog.com

【3割負担案の観測記事】

俗に言う観測記事が11/1に出回りました。

天皇陛下の生前 退位の件もそうです。誰かが情報を流し世論の受け止め方をみます。

もしこれを実施する場合は、来年の通常国会提出予定の介護保険法改正案に盛り込むことになります。

 

これ、昨年8月から一定以上の所得がある人を2割負担にしたところです。

高額所得者対象と言う事は、この2割負担にした方々の中から、また絞り込んで3割負担にする事を意味します。

 

う~ん^^;いや、趣旨は十分わかるのです。高齢者になっても現役並に稼いでいる方には現役並みに負担して頂く。社会的に弱い人に届かなくなると大変ですから、いずれはそうするべきと、筆者も思います。ただチョイ拙速かと…^^;

【医療と介護のバランス】

もうひとつ、話をややこしくしているのが医療と介護のバランス論。

現在医療では、70歳以上は原則1~2割負担だが、年収370万円以上の場合は現役並みとして3割負担です。

で、介護もそうあるべきとの意見です。

反対意見としては、医療と違い介護は長期間続くため負担が大きすぎるとの意見です。

※どっちの意見も、それぞれのちゃんとした見識としか言いようがない(苦笑)

みなさんはどうですか?

 

この話自体は、観測記事を元にしたものでまだ何も決まっていません。

もしかしたら年明けに、衆議院選挙の可能性もあります。介護の制度を皆さんが、考えるきっかけになれば、筆者としてうれしいです。

 

では、また!

by Oshobu~