介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

札幌市認知症高齢者向けグループホーム火災7人死亡の判決①

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161025220211j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年10月26日

 

おはようございます。

2010年と、少し時間が経ちすぎた感がありますが、10月14日に判決が出ましたので書いていきたいと思います。本日のテーマ「札幌市認知症高齢者向けグループホーム火災7人死亡の判決①」でお送りします。

 

大きな火災事故ですが、これだけ事故事件の多い毎日ですので、私もそうですが、読者様もなんとなくしか記憶にないと思います。

【札幌市認知症高齢者向けグループホーム火災】

a 発生日時等 発生時刻:平成22年3月13日 調査中 覚知時刻:平成22年3月13日 2時25分 鎮圧時刻:平成22年3月13日 4時04分 鎮火時刻:平成22年3月13日 6時03分 s 発生場所 所 在 地:北海道札幌市北区屯田4条2丁目6番4号 建物名称:グループホームみらいとんでん 用  途:令別表第一(6)項ロ (認知症高齢者グループホーム

d 建物概要 構  造:木造 階  数:地上2階 延 面 積:248.43㎡ f 被害状況 死  者:7人(男性3人、女性4人、すべて入所者) ※1階で5人、2階で2人発見 負 傷 者:2人(重症 女性1人(従業員)、軽症1人 (入所者))

焼損程度:出火建物 全焼、焼損床面積約227㎡ 延焼建物 部分焼1棟(西隣一般住宅) 焼損表面積約24㎡ g 火災原因等 1階食堂のストーブ付近から出火したとのこと (詳細調査中)。

h 消防用設備等の設置状況 消火器具、誘導灯、(非連動型の住宅用火災警報器) ※自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設 備については、平成21年4月1日施行の改正基準 (平成19年政令第179号)により設置対象となってい るが、既存施設に係る経過措置期間中(平成24年3 月31日まで)であり、未設置となっていたもの。 j 防火管理の状況 防火管理者:選任済み 消防計画:未届

 総務省消防庁HP

※ちょっと、お役所仕事文面で見にくいでしょうが、消防庁の記録で一番正確ですのでこれを引用しました。

【まず、厳しい施設の体制

このグループホームには9名の方が住んでいました。9名は1ユニットの上限人数です。

記録によると、火災発生は夜中ですね。9名に対して1名(女性)の夜勤スタッフのみで限界を超えているようですが、法定内です。

 

※この状況、読者様も記憶にありませんか?

 

masaru-masaru-3889.hatenablog.com

よくこのブログを読んで頂いている方はピン!と来ましたね。

つい最近の事ですね。台風10号グループホーム入所者が9名亡くなった災害事故ですが、この時も9名の被介護者に対して職員は1名(女性)です。

 

※つまり、いくら法定内でも被介護者9名に職員1名では、何かあった時は守れないのではないですか?と言う事です。

 続きは明日です。

BY Oshobu~