読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

G7神戸保健大臣会合、感染症・認知症で「神戸宣言」

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160914130531j:plain

http://www.ashinari.com/ 著作権フリーフォトを使用

2016年9月15日

 

おはようございます。

9月11・12日で、G7神戸保健大臣会合が開かれました。

私、神戸在住なのですが、主要駅のゴミ箱が使用不可で不便でした。  

まぁ、テロ警備の為ですから我慢ですね^^;

G7保健大臣会合】

G7先進国首脳会議が伊勢で開かれたのは、みなさん記憶に新しいところだと思います。簡単に言えば、その会議の分科会みたいなもので、7か国の保健大臣による会議が神戸で開かれました。

 

日本で保険大臣にあたるのは、厚生労働相ですね。(塩崎 恭久さん)

今回は7か国+ラオスミャンマーシンガポール・タイも参加しました。

f:id:masaru-masaru-3889:20160914133416j:plain

http://www.ashinari.com/ 著作権フリーフォトを使用

【初の認知症施策取り上げ】

今回、先進国の枠組みで三回目となる保健大臣会合で「認知症施策」が初めて議題として取り上げられました。

 

ラオスミャンマーシンガポール・タイがゲスト参加したのは、この国々が今後急速な高齢化が見込まれている、背景がある為です。

 

塩崎厚労相は「G7として、感染症や薬剤耐性に関する貢献策に加え、高齢化や認知症の問題をアジアの国々と共有できた」とコメントを出しています。

f:id:masaru-masaru-3889:20160914135409j:plain

http://www.ac-illust.com/フリーイラスト

【難しい事はさておいて、歓迎】

環境問題で「京都宣言」と言うのが一時話題になっていましたよね。

あれの題材が、感染症認知症で神戸版の宣言がされたと言う事です。

 

ポートアイランドにある理研の研究所に招待したりで、少し医療産業の商売的な魂胆も背後に感じるのですが、私的には歓迎の立場です。

 

ある問題を、多くの国で共有し知恵を出し合うのは有効です。

また、医療分野でビジネスが絡むのは、私は賛成です。何故なら、研究・開発のスピードが上がるからです。

 

もし高い薬が出来ても、それを国民に安くで届ける仕事を国がすれば良いのです。

開発が進まず、有効な薬が世の中に無ければ話になりませんからね。

 

日本ではあまり感じませんが、エボラ出血熱などの感染症は世界の大問題です。

薬剤耐性を持つ、ウイルスや菌の問題は、このままでは今後日本にも暗い影を落とします。

領土の取り合いや、核実験なんかをやっている場合じゃないのです!

今日はここまで!

by Oshobu~