読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

重要!低所得者向け平成28年度臨時福祉給付金について(福祉は申告制)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160911165503j:plain

http://www.ashinari.com/ 著作権フリーフォトを使用

2016年9月12日

 

おはようございます。

私がこのブログで2~3回はお伝えしたと思います。

先月、2016年8月31日締め切りの3万円の高齢者向け臨時福祉給付金を対象者の皆さんは無事受け取られたでしょうか?

いつも、申請忘れ・漏れで受け取れない人がいます。

 

また給付があります。今回は小粒ですけど、対象者は申告するだけで貰えるので、しっかり頂きましょう。

【臨時福祉給付金】

国の施策として、平成26年4月に実施した消費税引き上げに伴う、所得の少ない方への支援のため「平成28年度臨時福祉給付金」が給付される事になっています。

そろそろ、各人の自宅にお知らせが届くと思います。

 

このブログで、何度もお知らせしていますが福祉は自己申告制です。

ほったらかしにしているとせっかくの権利が消滅します。超注意!

【対象者】

  • 平成28年度1月1日現在で、申請する自治体に住民票があること

これは、どこで申請するかの問題だけですので引越しして、まだ住所を動かしていない人などは注意が必要です。

  • 平成28年度分(平成27年中所得)の市民税が課税されていない
  • 平成28年度分(平成27年中所得)の市民税が課税されている方の扶養親族になっていない
  • 平成28年1月1日現在、生活保護を受給していない

 【支給額】

 支給対象者1人につき3,000円(一回限り)

【申請期間】

 平成28年9月15日(木)~平成29年2月15日(水)当日消印有効

【申請方法】

 おそらく、ほとんどの市町村から簡単に申請できる申請用紙が送られてくると思います。このブログをみて、しばらくして届かないようならお住まいの市町村に問い合わせして下さい。

 

たかが3,000円、されど3,000円 届いた申請用紙に記入して送り返すだけです。

期限を過ぎると、何を言っても駄目ですから、さっさと申請しましょうね。

 

では、今日はこんな処で。

                                       by Oshobu~