読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

あれだけ広報されているのに、高齢者はなぜ詐欺にあうのか?

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160801213455j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年8月2日

(2016.11.15 再編集、加筆・訂正)

 

おはようございます。

下記の動画は、少し前に流れていた政府広報なのですが、関係者がいい仕事をしてくれています。見たことのない方は是非この機会に見て下さい。

 

高齢者はなぜ詐欺に遭うのか?これが全てです。


主演・カンニング竹山×監督・犬童一心×楽曲・吉田山田 詐欺被害に遭った母親との電話でハッと気付く… 「オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ。」

【親はいつまでも親、子はいつまでも子】

私は20代の頃、一度入院した事があるのですが、大部屋で隣がおじいちゃんでした。

それも、かなり高齢で…

 

で、息子さんが見舞いにきました。息子さんと言っても50歳は超えているおじさんです。男同士ですからそんなに話すこともなく、「じゃ、帰るわ」と息子さんが席を立つと、「タクシー乗り場分かるか?」と起き上がって見送ろうとします。

 

もう、よぼよぼなんですよ!息子さんが苦笑いして「大丈夫だよ、寝てて」って…

おじいちゃんが「交通事故には気をつけろよ」って…「風邪ひいたらあかんぞ」って…

 

自分が明日どうなるかって感じなんですよ。でも、親ってそんなんです。

f:id:masaru-masaru-3889:20160801215200j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

【息子の役に立ちたかった】

兵庫県伊丹市で、詐欺の被害に遭った女性のインタビューが、神戸新聞に載ってましたので、ご紹介させていただきます。

 

 ■「息子の役に立ちたかった」 伊丹の被害女性が体験語る

 

 なぜ、見知らぬ男に大金を渡してしまったのか。高額な現金をだまし取られたときの心理状態はどうだったのか-。兵庫県伊丹市の被害女性(70)から話を聞いた。

 息子をかたる男から電話があったのは今年5月。「同僚が株で会社の金を使い込んだ」と泣きつかれた。女性は「主人が亡くなったとき、息子に良くしてもらった。こんな時ぐらい役に立ちたいと思った」と振り返る。

女性は怪しまなかったわけではない。息子を装う男に「弟の名前を言うてみて。嫁の名前は」と問い詰めたが、「こんな時に恥ずかしい」と話を流されてしまったという。

 不審に思いながらも息子が不憫(ふびん)になり、「息子のためや、息子と早く家に帰りたい」という気持ちが勝ったといい、600万円を京都市内で男に手渡してしまった。

 

 女性は以前にも息子を名乗る男から「交通事故で妊婦をはねた」と涙声で電話があった。その時は、夫が「泣いて親に連絡してくるような子じゃない」と送金をいさめてくれた。

 女性は「いまだになんで渡したのかと後悔してる。(だまされた時)10分おきに男から連絡があり、他の家族に連絡したらあかんと言われた」と話し、不審な電話があったら周囲の人に相談するよう勧めた。

 出典:2016/6/20 05:30神戸新聞NEXT

もちろん、一番悪いのは犯人ですが俺たちも少し考えないと、と思うのです。

それでは今日はこんな処で。

   byおしょぶ~ 

【あわせて読んでほしい】

 

masaru-masaru-3889.hatenablog.com

 

 

masaru-masaru-3889.hatenablog.com