介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

年金は大丈夫です。悪い事しか言わない人がいる。よく考えてみてください!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160617211358j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年6月18日

(2016.11.08 再編集、加筆・訂正)

 

おはようございます。

年金の記事に、読者様の反応が強いので再度書かせていただきます。

 

少し前の話になりますが、若い子と話をしていて「年金なんてあてにするくらいなら、その掛け金を貯金するわ」と言っていました ^^;

 

う~ん、わかるよ言いたいこと!でもね、その貯金出来ますか?出来たとして老後まで使わずにいられますか?もし100歳まで生きたら、その貯金で暮らせますか?

 

私が何故、年金押しなのか?一番の理由は、権利を得れば100歳まで生きても120歳まで生きても支給され続けるからです。

 

いま確かに年金は単年度赤字をかかえています。ただ、微々たるマイナスです。今までに貯金できている年金運用で、十分プラスです。

 

世の中、悪い事しか言わない人がいます。(識者にも)

 

例えば、日本の借金は1000兆円とか言っていますが、資産は?国が持っている土地・企業株・外貨・他国への貸付などなど、その事は言わない。

 

日本の円ですが、ドル・ポンド・ユーロ・元とともに世界基準通貨の位置付けと言って差し支えない通貨です。

 

つまり、極端な話困ればお札を刷れば良い環境です。実際にはそんな破廉恥なこと日本はしませんが、破綻はありません。

 

財政健全化が不要と言っているわけではありません。必要以上に不安を煽らないでもらいたいだけです。

 

masaru-masaru-3889.hatenablog.com

 ちゃんと、かければそれなりの安心は必ず得ることが出来ます^^

 

今の若い方が、高齢者になった時はおそらく年金だけで暮らすのは無理でしょうが、仮に生活費の半分は年金で読めるだけでも、かなり違うと思います。

 

いま、年金の勉強を再度しています。どこかの機会で、深堀記事書きますね^^

それでは今日はこんな処で。

   byおしょぶ~