介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護、脳トレより対人頭脳ゲーム

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160604001901j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年6月4日

 

おはようございます。

北海道の行方不明の男の子、発見されて良かったですね^^(祝!)

 

さて、今日のテーマは「介護、脳トレより対人頭脳ゲーム」です。

計算ドリルのような脳トレも良いのですが、それより対人頭脳ゲームがもっとお勧めと言うお話です。

脳トレ<テレビゲーム(ゲーム機)<対人頭脳ゲーム】

f:id:masaru-masaru-3889:20160604010221j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

なんか、脳トレって受験勉強のような…

つまり、同じことを反復するだけの計算ドリルのような脳トレよりも、チェスや将棋など対人頭脳ゲームのほうが圧倒的に認知症の予防効果があることがわかっています。

 

特に軽度の認知症MCI(軽度認知障害)患者には有効です。認知症は今のところ完治しない病気ですがMCIの場合、囲碁・将棋教室に通って治ったと言う報告もあるくらいなのです。

f:id:masaru-masaru-3889:20160604012048j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

相手の心理を読む“人との駆け引き

単純に理屈で考えることプラス、人の心理を読む駆け引きゲームが脳を活性化させます。オーソドックスならこの一手だが、この人が相手ならこの奇襲攻撃が効き目があるかな?みたいな^^

 

ですから、この駆け引きに有酸素運動が加わった「ゴルフ」は、認知症予防にとても効果があると言われています。

f:id:masaru-masaru-3889:20160604013415j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

【筆者のおすすめは麻雀】

最近、「健康麻雀」のお店が増えています。

小さい町では厳しいですが、政令指定都市クラスの町なら駅前に数店あります。

 

健康麻雀とは、賭けない・吸わない・飲まないを基本としたゲームだけを楽しむ麻雀です。店内禁煙で、ノンアルコールで楽しみます。

一人で行っていいのですよ。で、4人集まればスタート!知らない人とコミュニケーション取りながらやるのが、また効果があります。

 

麻雀は基本4人でやりますから、囲碁・将棋より対人性が高く駆け引きが多いですよね。頭と指先をとても使うので認知症予防に有効です。

 

健康麻雀のお店が無い地域でも、友人を集めて自宅・貸し卓店で楽しめます。

 

始めるのに遅いはありません!趣味として何かしら頭脳ゲームを取り入れてくださいね^^

それでは今日はこんな処で。

   byおしょぶ~