介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

被介護者に一人で食事をさせていませんか?孤食の怖さ!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160601181800j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年6月2日

 

おはようございます。

今日、読者様と共有したいのは孤食です!

テーマは「被介護者に一人で食事をさせていませんか?孤食の怖さ!」にさせていただきました。

 

独りで食事をすることが多い「孤食」の高齢者は、一緒に食事をする人がいる高齢者に比べてうつになりやすいとの研究結果を、東京大の谷友香子研究員(栄養疫学)らの研究チームが27日までに発表した。独り暮らしの場合、女性の孤食はうつの可能性が1.4倍、男性は2.7倍にもなった。

 出典:共同通信 2015年10月27日

父とは朝必ず、なんだかんだ言いながら一緒に食事をしています。

父は週4回デイサービスで、皆さんとなんだかんだ言いながら食事をします。

 

※このなんだかんだ言いながら←これが大事なのです。

f:id:masaru-masaru-3889:20160601191910j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

仮に、しっかりしている親御さんで遠くで一人暮らし、自分でご飯のしたくも出来るとしても、そのままにしておくと孤食では食べるものの多様性が小さくなり糖尿病やうつ病リスクが高くなることが知られています。

 

「そんなこと言っても!」←わかります!わかっています!

人には色々事情があります。筆者が自分でも、出来なくて歯がゆくて…だからこのブログを立ち上げました。

 

ちょっとずつでも、改善していきましょう^^ 本気でお願いすれば地元のケアマネージャーも動いてくれます。

デイサービスに週1でも、親御さんに行ってもらってみんなで食事をしてもらいましょうよ!

 

近くのボランティヤ団体に相談して、孤独じゃない日をつくりましょう!

 

今、一緒に住んでいる方は簡単な事です。

忙しいだろうけど、何食かに一回一緒に食事をしましょう。それだけです^^

 

それでは今日はこんな処で。

   byおしょぶ~