介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

アロマが認知症予防に効果あり!香りが脳に働きかける仕組み②

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160512080415j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年5月12日

(2016.11.04 再編集、加筆・修正)

 

おはようございます。

昨日のつづきですね。「アロマが認知症予防に効果あり!香りが脳に働きかける仕組み②」でお届けしたいと思います。

 

 【認知症に効く4種のアロマ】

 

f:id:masaru-masaru-3889:20160512081710j:plain

 

 出典:キャリラブ(リクルート

精油の香りが嗅覚を刺激すると信号が脳に伝えられて、自律神経をコントロールし身体の機能が整うので、認知症の中核症状の改善につながるとのこと。

 

【良い副作用も期待できる】

 

アロマには心地よい香りが脳を刺激し、「楽しい記憶を引き出す」「リラックスできる」「悲しみに耐えられるようになる」など心理的な効果も期待でき、これが認知症の症状を軽減する、心の問題に働きかけるとのこと。

 

うん。やっぱりそうなんですね!自分が父と暮らしていて、相手が認知症でも心の中を想って接した方が、うまくいきますよ的な事を、このブログで書いてきましたが間違いじゃないと、改めて実感しました。

f:id:masaru-masaru-3889:20160512083437j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

【注意点】

必ず精油を使う

アロマ商品の中には、化学的に香りを作ったものもあります。昨日の記事に書いた医学的根拠はあくまで精油での話です。必ず天然由来の精油を使いましょう。

※上の表に、4つのアロマの学名が記してあるので、商品のラベルを見るときの参考にして下さい。

精油取り扱いの注意

精油は鼻に近づけすぎて嗅ぐと、頭痛や不快感を起こす可能性があります。

被介護者がやるときは、しっかり見守りをお願いします。

 

規則正しい生活を基本に置き、その生活に香りを沿わせる

朝と夜は香りを分けた方が良いらしいですが、今大きな量販店では認知症用アロマの商品カテゴリーがあり、その中で朝用・夜用がちゃんと売られていますので、それを利用するのが、良いと私は思います。

配合も認知症用にちゃんとされています。

 

被介護者と一緒に暮らしている家族に妊娠中の女性や高血圧、低血圧、てんかんの方がいる場合はアロマを使う前に、医師へ相談してください。

などが、あるためです。必ず確認してください。

f:id:masaru-masaru-3889:20160512090831j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

認知症用アロマ参考商品】

 

 

 

 

 

 

 

リマインドセット・ブレンド 昼用20ml | 夜用20ml 【NAGOMI AROMA】

リマインドセット・ブレンド 昼用20ml | 夜用20ml 【NAGOMI AROMA】

 

香りと上手につきあっていきましょう^^ 

 

では、今日はこんな処で。

  byおしょぶ~