介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

各老人ホーム(各施設)の違いを詳しく説明します。(費用についての比較あり)」②

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160503000702j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年5月3日

(2016.11.04 再編集、加筆・訂正)

 

 

私は母を施設に入所させる時に、気になったのはやはり費用の事です。

母の年金と、私の収入状況を考えて選択したのは、特別養護老人ホームの入居順番待ちでした。

では、昨日の続きから

施設の種類

 【グループホーム

グループホームとは、認知症の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、1ユニット(5~9人)で共同生活する介護福祉施設です。

 

介護スタッフが、生活の援助を行い共同生活において社会生活性を、保ちながら認知症の進行を緩やかにする、狙いもある施設と言えると思います。

 

入居条件は、要支援2・要介護1以上、その施設と同じ住民票の所持です。

共同生活が、営める程度の身体能力も求められます。

 

基本的に一室プライベートの部屋があり、食堂・リビング等の設備で共同生活を営みます。少人数には理由があります。認知症の方には、大人数の共同生活は苦手です。

 

多くの人、事柄に対応できずに症状を進めてしまうこともあります。

かといって、まったく一人ぼっちにしても進みます。

対応出来る範囲の人数で、社会生活性を維持することに意味があります。

 

費用的には、昨日とりあげた介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームよりはかなり安くなります。

入居一時金0~数百万円、月額は15万円~30万円です。

 

※注意点は身体的能力的に、共同生活を営む事が出来なくなった場合、退去を求める施設もありますので、事前確認が肝心です。

f:id:masaru-masaru-3889:20160503010622j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト 

 【ケアハウス】

ほんと、老人ホームって細かく分けると、種類が多い。

ケアハウスは軽費老人ホームが、A型・B型・C型とあるうちのC型をケアハウスと言います。

 

軽費老人ホーム無料または低額な料金で、家庭・経済的などの理由により、居宅において生活することが困難な高齢者に、食事その他日常生活上必要な便宜を提供する施設です。運営補助資金が国や自治体から供給されているため、公的側面の強い施設です。

 

制度が複雑ですので、間違って伝わらないように、専門のホームページにお邪魔しますね。

軽費老人ホーム(ケアハウス)の種類

軽費A型(制度化:昭和36年

家庭環境や住宅事情、経済状況などの理由から居宅において生活することが困難で、生活障害に応じた生活支援サービスや介護サービスを利用すれば自立した生活が維持できる低所得者向けの施設です。

軽費B型(制度化:昭和46年)

A型から食事サービスを抜き、介護職員も配置されていない。より住居の比重が大きい施設。これは昭和46年当時の住宅政策の1つとして位置づけされています。

ケアハウス(制度化:平成元年)

A型やB型のような所得や家庭環境よりもむしろ住宅面に重点をおき、「安心して生活を営める住まい」として食事その他日常生活上必要な便宜を提供する施設です。
介護職員はA型よりも少なく、必要な介護は外部サービスを利用します。バリアフリー車いすでの生活や介護サービスが受けやすいです。

軽費老人ホームからケアハウスへ

これまでの軽費老人ホームにはA型B型及びケアハウスが存在し制度そのものが複雑化していましたが、このようなケアハウスの存在意義の高さに鑑み、今後A型、B型を改築する際、または軽費老人ホームを新築する際にはケアハウスに統一することになりました。

軽費老人ホーム(ケアハウス)にかかる費用

※ケアハウスの場合、別に居住に要する費用(管理費)として、数千円~3万円程度(月額)必要となる場合もあります。
各自治体でも異なりますので、詳しい費用は最寄りのケアハウスへお問合せください。

※参考価格帯
軽費A型 6~17万円程度(食事代込み、利用者の収入よって異なる)
軽費B型 3~4万円程度(食事代を含む生活費はすべて実費)
ケアハウス 6~17万円程度(食事代込み、利用者の収入によって異なる)

 出典:一般社団法人 全国軽費老人ホーム協議会

ただ、入居順番待ちになっている施設が多いのが、現状です。

f:id:masaru-masaru-3889:20160503085615j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

長くなりましたので、今日はここまでとして明日続き書きますね。

※また介護の気になるニュースが飛び込んで、きています。

無届老人ホームの実情です。「スポットライト」に記事を纏めましたので

読んでくださいね。

next.spotlight-media.jp

今日はこんな処で。      

                      byおしょぶ~